西武立川・武蔵砂川の整体なら「なかばやし整体院」痛みやしびれを根本改善

ヘルニア

side-main-5-helnia

 

のべ5万人が感動!
なぜ、こんなにも多くの方に
支持されるのか?

 

このような悩みは
\ ありませんか? /

  • お尻や太ももの後ろが痛い、しびれる
  • 下肢の痛みやしびれが辛い
  • 椎間板ヘルニアと診断を受けてショックを受けている
  • 手術をすすめられたが、手術はしたくない
  • 牽引治療や電気治療をしてきたがなかなか改善にはつながらなかった
  • 痛み止めの薬を飲んでその場をしのいでいる
  • コルセットなしの生活だととても不安を感じる

arrowそのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

専門家の声

 

メディアに取り上げられました

 

 

お客様の喜びの声が
\ 信頼の証です! /

 

「こんな治療院を探していました」

昔から腰痛持ちだったのですが、最近痛みがひどくなり整形外科でヘルニアと診断されました。
足の方までしびれも出ていて手術も考えたのですが、友人の紹介で中林先生のところへ来ました。
しばらくは痛みの変化はなかったのですが、歩く量や歩き方、姿勢を気を付けるなどの日常生活を少しずつ見直していくと不思議と腰の痛みが治まっていきました。今では不安なく動けるので本当に感謝です。
手術などを検討している人は、その前に中林先生に診てもらうといいと思いますよ。

(E・Tさん)

※効果には個人差があります

「初回から効果を実感しました」

秋田県に住んでいる私は、娘が東京に住んでいてこっちに来た時に行ける整体院を探していました。
インターネットで検索してたどり着いたのがなかばやし整体院でした。
初回の施術後から長時間歩けなかった自分が、ずっと歩くのが楽になりました。
また、動きにくかった左手も少しずつ動くようになり、びっくりとともに感激しました。
なかばやし整体院の近くに住んでいたらいいのになとつくづく思います。感謝。

(伊藤さん)

※効果には個人差があります

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにもヘルニアが
改善されるのか?

 

他で良くならない理由

腰に痛みがある

椎間板ヘルニアで言われている、椎間板だけが飛び出しているからそれをどうにかしようとしても、痛み付近の画像診断や見たときの原因と思わしき局所だけ注視しても、痛みを感じる脳の働きや重力に対して全身でバランスを取ろうとする働き、悪い所を回復する働き(内包力・自然治癒力)、腰だけの問題ではない体全体としての働きが一つでも失われていれば、腰局所の問題を対処することはとても難しいのです。

それだけではありません。

椎間板ヘルニアになり、なかなか症状を治すことのできない人に共通して言えることは『3つの大きな過ち』がしばしばみられます。

1、良かれと思い、運動やストレッチなど自分で体を悪くすることをしている。
2、正しいと思い、間違った腰だけの治療を受けている・続けている
3、知らず知らずのうちに、体に負担をかける行為をしている

こういったことです。
このことを『疾病形成因子』『治癒阻害因子』といい、(内包力・自然治癒力と対になる言葉)治そうとする力を失わせるだけでなく、回復するきっかけをなくしてしまっていることがあります。

更に痛みや体の不調には筋力が大事と様々なところで言われていますが、特に椎間板ヘルニアをはじめ、腰の症状には【歩くための力】がどうやっても切り離すことはできません。歩くための筋力、これをどうやって正しく身につけていくか、ということがとても重要です。

しかし、正確には指導・管理してくれるところがあまりないのが現状です。

 

 

症状についての説明 

よくならない理由椎間板ヘルニアには、手術をしなくても良くなるのをご存知ですか?

椎間板ヘルニアは頚椎椎間板ヘルニアと腰椎椎間板ヘルニアの2種類があります。
このページでは腰椎椎間板ヘルニアを取り上げます。

あなたはイスに座ると腰がジンジン痛いと感じていないでしょうか?
立つ時、歩く時に腰や足に痛みやしびれといった症状がありませんか?

その症状は腰椎椎間板ヘルニアかもしれません。

椎間板ヘルニアの症状によって、あなたのお仕事や生活に支障をきたしているのではないでしょうか?
また、仕事を休んで安静にしていても改善されない。薬を飲んでも改善されないで不安に思ってはいませんか?
もう良くならないではないかと決めつけて将来を悲観しているのではないでしょうか?

悩んでも悲観しても始まりません。
まず、腰椎椎間板ヘルニアの仕組みを理解したうえで的確な治療を行えばいいのです。

・腰椎椎間板ヘルニアの特徴や症状そして原因
腰椎椎間板ヘルニアには特徴があります。腰痛に加えて腰から足の痛みやしびれを伴う症状です。
腰椎や骨盤のゆがみなどによってクッションとなる椎間板が変形します。
変形した椎間板は硬くなり、元に戻らなくなってその位置からはみ出してくるのです。
はみ出した椎間板が周辺の血管や神経を刺激するので、坐骨神経痛のような痛みやしびれの症状が現れます。

ヘルニアになりやすい場所は、主に腰椎3~5番です。
特に30~40代の年齢に多いのですが、最近は10代の若年層でもみられます。

・どのような症状が現れるのでしょうか?
腰痛を伴った足の痛みやしびれなどの症状があります。
初めはお尻から膝の裏まで張るような・筋肉痛のような痛みから、焼けるような痛みやジンジン・じわーとしたしびれが現れます。

その症状は、次第に膝から足首にかけて、すねやふくらはぎの辺りにも広がって足首から指先まで坐骨神経痛の症状になります。
この頃になると、あまりの激痛のために眠れなくなって睡眠不足にもなります。さらに歩くのでさえ辛くなってきます。
また、血行が悪くなって足先が冷えることもよくあります。こじらせてしまうと、麻痺して感覚が鈍くなって歩くことができなくなります。

腰椎椎間板ヘルニアは突然なるものではありません。腰痛やぎっくり腰がきっかけになることもあるのです。

それは、普段の生活に原因が潜んでいるのです。

〇仕事で

長い時間立つ仕事をされている、または車に乗ることが多い。

イスに腰掛けている時間が長く、しかも浅く腰掛けている姿勢をとっている。

腰を曲げた姿勢で荷物を持つことが多いことも原因です。

イスから立ち上がるときや書類などを拾うときなども原因と考えられます。

〇日常生活で

また、日常生活の中でも原因があります。まっすぐ足を伸ばして座ってはいませんか?

横座りをしたり、足を組んで座ったりしているなどが原因としてあります。
顔を洗うときに前かがみになっていないでしょうか?
お掃除で腰を曲げている、洗濯物を干すときに腰を反らしすぎも考えられます。
他に咳やくしゃみが原因となることもあります。

〇スポーツで

スポーツや運動でよくあることですが、テニスやゴルフ・野球にサッカーなどで体をひねるのも原因の1つです。

バレーボールやバスケットボールなど、ジャンプして着地の際に腰に負担をかけています。
あなたは過去にスポーツをされていませんでしたか?
現在スポーツや運動をされているあなた、腰が気になっていませんか?

これらの生活習慣からヘルニアになりやすい傾向があります。
すでに腰痛のある方やぎっくり腰を経験したことのある方は、要注意ですので早めに施術が必要です。

 

 

原因

原因

椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアは別名「腰痛の王様」とも呼ばれています。つまり、悪化し発症するケースが多いのです。

〇腰椎への過負荷

腰痛、ぎっくり腰の最も大きな原因であり、また椎間板ヘルニアにおいても特に多い原因がこの過負荷です。これは主に「姿勢の歪み」が根本原因となっている場合が多くみられます。

更には、その「姿勢の歪み」の原因の多くは日常生活の中に潜んでおり、それゆえに「腰痛」「ぎっくり腰」「椎間板ヘルニア」のリスクは現代社会に生きている人間全員が等しく持っているといっても過言ではないでしょう。

✓ 「姿勢の歪み」によって限られた腰椎に負荷がかかっている

✓ 毎日「固定」された姿勢を続けることによって筋肉疲労が蓄積される

✓ 毎日寝不足により、筋肉の回復が不十分

✓ 重い荷物などを背骨を使って持ち上げようとする

ぎっくり腰とヘルニアは違う

ぎっくり腰と椎間板ヘルニアについては「同じじゃないの?」と考える方が多いです。答えは「そうとも言えるし、そうではないとも言えます」というのも、椎間板ヘルニアが発症する場合、まず間違いなくぎっくり腰と同様の疾患が腰椎部には発症しているのです。

〇違いは「椎間板の破裂の有無」

ぎっくり腰と椎間板ヘルニアの境界線にあるのは「椎間板の破裂」があるかないか。そしてそれに伴う「しびれ(神経痛)」があるかどうかです。

ぎっくり腰は神経痛はまずない

ぎっくり腰はいわゆる「捻挫」ですので、しびれはまず起こりません。なぜなら椎間板の破裂がないので神経圧迫も(基本的には)生まれず、神経痛という症状が起こらないのです。

椎間板ヘルニアは神経痛がまず起こる(無自覚もあり)ですが、椎間板ヘルニアの場合は椎間板が破裂し、ヘルニアが発生するので脊髄中枢神経に接触してしまいます。もちろん、神経痛も接触が起こる度に起こります。

接触の程度によってはあまり痛みを自覚することもないですが、ほとんどはある程度の痛みを自覚します。特に急性の場合は激痛で四つん這いでないと動けなくなる場合も多々あります。

こんな動作が危険

急性の椎間板ヘルニアになる場合、その引き金となる「動作」が必ず存在しています。ここでは特に椎間板ヘルニアの「引き金」となり易い負荷の大きい動作について説明します。

✓ 柔軟体操を勢いで行っている

✓ 朝に飛び起きる

✓ 高いところから飛び降りる

✓ 背中を曲げて足元の荷物を持ち上げる

〇柔軟体操を勢いで行っている

これは若い世代に多い原因です。本来は体のストレッチを目的として行うはずの「柔軟体操」ですが、「勢い」をつけて行っていると全くの逆効果です。靭帯を痛める、筋肉を傷める原因になります。その最たる例が椎間板ヘルニアというわけです。特に勢いよく前屈姿勢を取った時に腰椎第4番と第5番にかかる負荷はとても重く、引き金に特になりやすいようです。

〇朝の起き掛けに飛び起きている

これも若い世代に特に多い椎間板ヘルニアの原因です。ぎっくり腰にこれでなってしまったという学生さんも多いのではないでしょうか。朝の起き掛けは頭がボーっとしているのは皆さんも経験あるかと思います。筋肉も同じです。朝は筋肉もまだ思うように力を発揮できません。そのため、急に激しい運動を筋肉に要求すると、頭から発信された命令に筋肉の運動能力がついてこれずに、関節が「グキっ」となってしまう場合があるのです。ぎっくり腰だけで済めばよいのですが、すでにその時点で腰に疲労の蓄積があった場合、椎間板ヘルニアとなってしまうケースがあります。

〇高いところから飛び降りる

これもやはり若い世代に多い原因です。高いところから飛び降りる、その着地の瞬間には膝を経由して腰に大きな負荷がかかります。自分の体重の数倍の負荷がかかると考えてください。体重が50㎏の人であってもゆうに100㎏を超える重量が負担として腰にかかるのです。

腰が悲鳴をあげているという事実にもしっかり目を向けてください。いつまでもその高負荷に耐えられる保証はありません。「今回は耐えたけど次はダメかもしれない」というのが腰の現実なのです。

〇背中を曲げて足元の荷物を持ち上げる

これはぎっくり腰の原因で断トツに多い動作です。本当は腰を落として、しっかり腰を入れて物を持ち上げる必用があるのですが、どうしても「そこまで大げさにしなくても…」「いちいち面倒だし…」とどうしても腰だけ曲げて足元のものを取ろうとする人が多いです。

これは腰を大事に扱うのであれば絶対にしてはいけません。腰椎4番5番への負荷があまりに大きすぎます。

一発で椎間板ヘルニアに突入してしまう場合が十分に考えられますのでご注意ください。

椎間板ヘルニアの再発防止について

治療院で椎間板ヘルニアを発症したことがわかったとき、「もしかしてもっとひどくなれば歩くことが出来なくなるのでは?」「何とも言えない腰の痛みが一生続くのではないだろうか?」こうした不安な心情に陥ってしまう方は、案外多いような気がします。

椎間板ヘルニア

確かに潰れてしまった椎間板が完全に元通りになることは難しいです。しかし、きちんと椎間板ヘルニアのさえすれば数カ月~半年程度で治癒する場合がほとんどです。

ただし、「何をもって治癒なのか?」それには、個々の捉え方・希望などが関係してきます。(だから完治→治癒という言葉を使っています)

どちらにしても、悲観的気持ちを持ち続けて治療をすれば良くなる症状も一向に良くならないことも、椎間板ヘルニアはきちんと対処さえすれば必ず治癒します。

しかし、一度治癒したからといって二度と再発はしない?と聞かれればもちろん、しないと断言はできません。再発の危険性はあります。

なぜなら、再発の危険性は個人の対応にかかっているからです。つまり、再発は椎間板ヘルニアを治癒した時点でいかに日常生活=生活習慣を根本的に見直し、改善できるかにかかっているからです。

当然、椎間板ヘルニアが治癒しても以前と同じような生活習慣を繰り返していれば、再発するのは間違いありません。でも生活習慣を改めれば再発することはないでしょう。

そして、椎間板ヘルニアの痛みが身をもってわかった人であれば、何をすればいいのか、自ずとわかってくると思います。

 

 

当院での改善法

当院の施術

私の施術は、本来の体が作られる行動、動作ができるためには正常な歩行(生理歩行といいます)が必要と考えています。

この正常な歩行を続け、きちんと回復できるきっかけを与える整復という本来、連続した歩行で得られるような力を関節や筋肉などに与えていくことによって、正常な回復へと導くお手伝いをします。

歩行や良くなるための運動を通じて正しい手引きができるようにしつつ、回復のために一緒に頑張っていこうというスタンスで施術をしています。

当院で行う治療は、15~22歳までの

『ヒトとして一番の活動期』=「動けていた頃」を取り戻し、その頃のお体を作ることにフォーカスしています。

『動けていた頃』=『歩けていた頃』
『歩けていた頃』=『滑らかに動ける骨盤』

なので、骨盤を滑らかに動かしていくことを目的とします。

『骨盤の潤滑を促す施術』その方法は

歩くことで骨盤を動かす
治療としての運動療法

2つを合わせた治療が当院の強みでもある根本治療です。

私の治療と当院の運動療法をすればするほど『歩けていたあの頃』に一歩一歩確実に近づいていきます。

骨盤という体の土台を強化していくことで、体は強くなり、キレイな歩行を身につけることができます。

歩行をする、治療を受ける、悪いことを取り除く、これを積み重ねていくことでヒトらしさを回復させます。

100%の自信を持って、あなたの体をちゃんとヒトらしい『歩ける体』へ戻し、全力で改善へと導いていきますので是非私にお任せ下さい。

 

 

rd-bnr1

 

8月31日までに
\ご予約の方に限り/

 

トータル整体コース

初回60分
(カウンセリング・検査+施術)

2回目(施術)

セットで 2,980円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

※通常は初見料2,000円+施術料7,000円×2回=16,000円

 

tel:0428423180
rd-bnr3

院の地図

 

 

他とはココが違う!
arrow なかばやし整体院の
9つの特徴 /

 

1.初回30分以上のカウンセリング・検査で原因を徹底的に特定

IMG_7442

症状の原因を特定することが根本改善への最短距離となります。時間を掛けてしっかり調べます。

 

 

2.専門用語は一切なし!わかりやすいと評判の説明

アフターケア

あなたの症状の原因について、分かりやすく説明します。お悩みの事、不安な事など何でもご相談下さい。

 

 

3.のべ5万人が感動!院長自らが施術します

IMG_7407

豊富な経験・知識と高い技術を駆使したオーダーメイドの整体で根本改善へと導きます。

 

 

4.バキバキ・ボキボキしません。痛みのないソフトな施術

IMG_7395

お子様や妊娠中の方も安心して受けて頂ける、優しい施術です。

 

 

5.効果を持続させ、再発予防するアフターケアがすごい!

IMG_7388

食事や睡眠などの生活指導や歩行指導、キレイな姿勢を保つための姿勢指導など、アフターケアに注力しております。

 

 

6.どこに行っても良くならない方が多数来院されます

IMG_7384

病院や整骨院・整体院などに行って改善出来なかった方が多数来院され、健康な身体を取り戻されています。

 

 

7.院長は全国の施術家に技術指導しています

セミナー③

業界内でも技術が認められ、院長主催の技術セミナーには全国から施術家が参加。毎回満員御礼です。

 

 

8.徹底した衛生管理。個室も完備

IMG_7454

当然の事ですが、アルコール除菌やタオル交換など衛生面を徹底。施術も個室で受けて頂けます。

 

 

9.駐車場完備。市外からも多数来院

IMG_7339

技術が評判で、立川市のみならず武蔵村山市や福生市、埼玉県などからも来院されます。

 

 

同業の先生からの支持

 

 

推薦の声

 

 

rd-bnr1

 

8月31日までに
\ご予約の方に限り/

 

トータル整体コース

初回60分
(カウンセリング・検査+施術)

2回目(施術)

セットで 2,980円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

※通常は初見料2,000円+施術料7,000円×2回=16,000円

 

tel:0428423180

rd-bnr3

院の地図

 

「なかばやし整体院」西武立川・武蔵砂川で口コミ実績No.1 PAGETOP